fc2ブログ
愛知県在住で東京農業大学の卒業生の集い

伯国東京農大会会報

皆さん こんにちは。

今日は東京農業大学校友会ブラジル支部である伯国東農大会が発行する
伯国東京農大会会報の内容を一部ご紹介を致します。

祝常盤松伯国農大会館命名

 2010年9月に第10回東京農業大学校友会パンアメリカ大会アルゼンチン・ブエノスアイレス会議に先立って
ブラジル・サンパウロでは伯国農大会館に命名除幕式が行われた。
農大から松田籐四郎理事長以下、校友会会長等30数名を迎え、伯国農大会の会館に正式に「常盤松伯国会館」と名付けられた。常盤松は農大農場所縁の地で、学科にも歌われ農大の代名詞とも云えるもの。その由緒ある名前が付けられたことで、伯国東京農大会会長の大島氏は「ブラジルは今日独立記念日だが、農大にとっても会館に由緒ある名前を付けてもらっためでたい日。皆さん旧交を温めてほしい」と述べ、一行を歓迎した。また、7回以上ブラジルを訪れている松田理事長は「卒業でおしまいでなく、海外で働く卒業生と農大との連絡を」と述べ、同大についても「世界に羽ばたく農大の実現に努力したい。これからも協力を」と呼びかけた。
 農大の校友会に属する卒業生は累計14万5千人に上り、支部も47都道府県支部に加え、11の海外支部もあるという。戸神校友会会長は「生物系の総合大学として世界的規模」と母校を紹介し「これからも先輩の活動を援助しながら大学発展に努力していきたい。引き続きご支援を」と話した。

祝伯国東京農大会会報50号発刊 

 伯国東京農大会会報は1983年に第1号が発刊され、28年間休刊することなく、2010年12月に記念すべき50号が出版されました。東京農業大学校友会国内外支部のどこにも、このように内容、体裁が整い充実した機関紙を発刊しているところは他にありません。歴代の支部長、企画編集責任者をはじめ、数多くの方々の蓄積によるもので、関係皆様のご労苦に心から敬意を表する次第です。発刊にあたり、当時の会長高松浩二氏は、会員相互の協力と親睦の為に、たて・よこのつながりを深めて行きたいと述べられていたそうですが、その目的は充分果たしていると思います。このような機関紙が発刊できますのは、ブラジル支部の皆様が夫々の地域に根を下ろし、ブラジルの発展に大きく貢献されると共に、東京農大卒業生としての強い自覚と母校愛に燃えて、お互い交流を深めておられるからだと思います。伯国農大会会報五十号発刊を心からお祝い申し上げます。

第10回パンアメリカ校友会アルゼンチン・ブエノスアイレス会議

 2010年9月10日から12日までブエノスアイレス市内のホテル「アトランチカ」にて第10回パンアメリカ校友会アルゼンチン・ブエノスアイレス会議が開催されました。農大から松田籐四郎理事長、戸神重美校友会会長他日本から40名近い参加者がありました。(参加者全員のリストは農大事務局にお問い合わせください)
 大会1日目は代表者会議、歓迎レセプション。2日目は市内観光、見学、ディナーショー。3日目は本会議、大学の近況、基調講演会、歓迎レセプションのプログラムで行われた。
 代表者会議には東京農大、日本より来賓オブザーバ、アルゼンチン、ブラジル、北米、メキシコ、カナダ、パラグアアイ、ペルーと国際会議のようであった。会議の議題の主なものは、①大学近況説明、②校友大会の意義、③校友大会の存在と継続の意義、④各支部の事業と近況説明等であった。
 ブラジル代表からは、南米ブラジルの近況、特に実習生、留学生の引き受けや送り出しを順調に行っている。会員向けの会報も通算50号を数えること。次回の校友大会をブラジルで引き受けてもよいこと。ただし、ラテンアメリカにこだわらない海外校友大会の名称で継続する旨を発言した。これに対し、代表者会議参加者多数の賛同を得て、本会議にかけることになった。本会議でも承認され、2、3年の内にブラジルで第11回校友大会を行う義務を負ったことになった。

以上、伯国東京農大会会報の大きな記事3つを抜粋させて頂き、ご紹介いたしました。
ご意見・ご感想等ございましたら、左のメールフォームから、または右下のコメント欄にお書き下さい。
また、当愛知県支部事務局に農大から情報が寄せられましたら、このサイトで順次ご紹介いたします。

2011-03-10 : 校友会 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

キトサン1470

Author:キトサン1470
愛知県支部幹事長監修のもと
作成しております。
管理人も農大卒です。

お知らせ

農大校友会の世田谷通信のページに 当サイトが紹介されました! 他の支部のサイト運営者の方、及び 農大関係のサイト運営者の方、 当サイトと相互リンクして頂ける方 ご連絡ください。宜しくお願いします。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

サイト内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター